2018 Google AdSenseの審査に合格

いろんな顔と花びらが舞ったイラスト

最近、Google AdSense(グーグルアドセンス)に受かった。

なので私、自分で祝っとるところであります。

ganmin
おめでとうさん。。。
Google AdSense(グーグルアドセンス)とは
グーグルが提供しているサービスで広告をクリックしてもらえれば、報酬がもらえるっていうモノだよ。

ブログとかに広告を貼る場合はグーグルの審査が必要なんだ。

↓前回は20記事の時点で申請して審査に受からなかったんだけど、今回は35記事で受かったんだぁ。

まぁ、そんな話。

スポンサーリンク

Google AdSense(グーグルアドセンス)の審査に受かる為にやったこと

結局、受かるための方法ってのもグーグルの中の人でもない限り、分からないのだけど

前回落ちた時と今回受かった時の違いを見ていけば少しはみんなの参考になるかもしれないと思ったから書いていくよ。

Google AdSense(グーグルアドセンス)コンテンツ ポリシーにひっかかりそうな言葉は使わないようにする

前回、申請した時は一つだけアドセンスのコンテンツ ポリシーにひっかかりそうな言葉があったから、今回申請した時はその言葉は削除したんだよね。

削除した言葉をここでまた書いたらgoogle、オコになっちゃうから書けないけど衝撃的な言葉はダメなんだねぇ。

多分、機械的にはじかれるんじゃないかなぁ、前回は申請したその日の内に結果のメールが来たし。。。(今回は5日くらいかかった。)

ちなみに

「うんこ!!」

とか

「おしっこ!!」

くらいの言葉は大丈夫そう。。。

記事数は多い方がいい?

前回は25記事、今回は35記事。

10記事前後で合格している人もいるから、この辺はちょっと分からない。

まぁ、少ないよりは多い方がいいんじゃないのぉ~としか言えない。

記事数多いとコンテンツポリシーにひっかかりそうな危うい言葉を探すのは大変になるかもしれないけど。。。

アフィリエイト広告を貼っていたら受からない?

これも普通にやっている分には気にする必要ない気がする。

現に僕も結構、アフィリエイト広告貼ってるし、その数は前回よりも増えてる。

Google AdSense(グーグルアドセンス)の審査に受かる為にやったこと まとめ

前回申請した時と今回合格した時の違いってコレだけなんだぁ。

審査の基準もその時々で変わってくるんだろうけど、

アドセンスのコンテンツ ポリシーに違反するような言葉、単語が入ってると審査に通らないというのはいつでも変わらないんだろうと思ったよ。

さて、Google AdSense(グーグルアドセンス)の広告どこに貼ろうか?

前は1ページに広告3つまでっていう決まりがあったみたいなんだけど今はないみたい。

とりあえず、

記事タイトルの下、

記事コンテンツの下、

記事内h2タグ(見出し)の上に貼ってみた。

そしたら、途端に記事読みにくくなってもうた状態。

僕のブログって記事の文字数が少ないから、広告と広告の間隔が近くて、

 

広告がウザイ!!

 

これでは来てくれた人に嫌がられるだろうなぁと思って少し減らすことにした。

せっかく、受かったのに規約違反になったら、ショックだしね。。。

まとめ

広告は読んでくれた人の為にも適度に貼ろうね!!

今回はGoogle AdSense(グーグルアドセンス)に受かった時の記事でした。

これで少し、ブログを書くモチベーションが上がったような気がするよ。

モチモチ。

 

そうイヤ、よく聞く審査合格メールの時に来るポップコーンメール来なかったなぁ。。。

普通の外国の人の写真だった。

もうやめたのかしら。。。



スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事よかったら、SNSでシェアしてね!!

ABOUTこの記事をかいた人

ただの熊の着ぐるみを着たおじさん。 主に3DCG(ZbrushやBlender)のことだったり、イラストについてブログに書いていきます。 他にもゲームやマンガ、生き方、人生、地元のこと等々、雑記的に書いていきます。 ツイッター、インスタなんかにもマンガやイラスト投稿してます。 よかったら、見てください! 現在、ゲームを作りたいと思っており、unity勉強中! アニメーションやマンガもその内、ちゃんとした形にしたいと思ってます!