blender 2.8で円のパスに沿ってカメラを追従させてみる

笑顔の熊の着ぐるみを着たおじさん

今回はblender 2.8で円形のパスに沿ってモデルの周りをグルグル回るターンテーブルみたいなものを設定する方法を書いておきます。

熊の着ぐるみを着たおじさんのグルグルダンス
ganmin
グルグル、グルグル、googleグっ!!(別に意味はない熊の着ぐるみを着たおじさんのグルグルダンスだよ)。。。

スポンサーリンク

まず、モデルの周りに円でパスを描く

まず、追加からカーブ、円でモデルの周りに円を描く。

blender 2.8の画面

大体、こんな風↓

blenderの画面

とりあえず、大きさとか位置を移動や拡大を使って適当に調整。

カメラがパスに追従するアニメーションを付ける

カメラを選択してオブジェクトコンストレイント追加をクリック

blender 2.8の画面

パスに追従を選ぶ。

blender 2.8の画面

出てきた設定のところのターゲットをBezierCircleにして、カーブに従うと定位置にチェック。

blender 2.8の画面

カメラが変な位置にあるのでカメラの位置とか回転を全部0にする↓

blender 2.8の画面
補足
数値のところをドラッグして選択するとx,y,zまとめて入力できるよ。トランスフォームの表示が出てない場合はキーボードのnキーで出てくる

これでカメラがパス上にくるハズ。

カメラがオブジェクトを注目するようにする

後は、カメラがまだ変な方向を向いているのでカメラ、注目させたいモデルの順で選択してから、オブジェクトの中にあるトラック→トラック(コンストレイント)をクリック。

blender 2.8の画面

これでカメラがモデルの方を向きました。

blender 2.8の画面

次に一度、選択を解除してから、カメラだけを選択します。

補足
ちなみに選択解除はキーボードのaを二回続けて押すとできます、逆に全選択はa一回

そして、オフセットのところを左右にドラッグするか、数値を入力するかしたら、カメラがパスに沿って動くと思う。

blender 2.8の画面

アニメーションさせたい時は任意のフレームでオフセットを右クリック(数値を変えて)キーフレーム打てば、できます。

レンダリングするためカメラの調整

キーフレームを打ち終わったらカメラの調整をします。

キーボードの1で正面を向かせて0でカメラの視点にするとこんな感じでモデルがカメラに収まってません↓

blender 2.8の画面

なので円のパスを選択してから、キーボードのsを押して拡大してカメラに収まるように調整してやります。

blender 2.8の画面

レンダリングして完成したのがコレ↓

回っている熊の着ぐるみを着たおじさん
ganmin
ちょっと速度が変だけど、ま、いいか。。。



スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事よかったら、SNSでシェアしてね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

室蘭在住のブロガー。30代後半で無職になってしまったんで会社に属さずに生きていく方法はないかと模索中。同じような悩みを持った方達と情報を共有できたらと思い、当ブログ(室蘭在住ganminのブログ)をはじめました。