blender 2.8で口から炎を吐いてみる

blender2.8で炎シミュレーション


スポンサーリンク

どうも、熊の着ぐるみを着たおじさんganmin(@muro_ganmin)です。

blenderを使って炎のシミュレーション

スポンサーリンク

blender 2.8 平面を口の辺りに追加しクイック煙を選択

炎を口から吐いているようなモノを作りたいと思ったので、まず、こんなアニメーションが付いたオブジェクトを用意しました。

そのオブジェクトの口の辺りに平面を追加します。

口の辺りに平面を追加

平面も移動させて、口から吐きだすような感じでキーフレームを打っておく。(この動画自体24fpsで30フレームあるのだが、12フレーム目、最初の口の位置でキーフレームを打ち、30フレーム目で↓のような位置でキーフレームを打つことにした。)

平面にもキーフレームを打っておく

平面を選択したまま、オブジェクトからクイックエフェクトのクイック煙を選択。

クイック煙を選択

そうすると、こんな感じになる↓

クイック煙を適用

まだ、炎を選択してないので煙だが、エフェクトを出すオブジェクトはこの四角の内側の領域に入っていないとエフェクトが表示されないのでこの四角の領域を編集モードで大きくした。

四角い領域を拡大 夢は大きく持とう

blender 2.8 炎の発生タイミングを調整しやすいようにパーティクルから炎を発生させることにする

今は平面からエフェクトが出ている状態だが、これだと発生させるタイミングの調整が難しいのでパーティクルを追加して、そこから発生するようにする。

平面を選択し、パーティクルから+ボタンを押してパーティクルを追加する。

パーティクルの追加 パーティクルの設定

平面オブジェクトとパーティクルはレンダリングしたくないので、先の下の方にあるレンダーというところのエミッター表示のチェックをはずし、レンダリング方法をなしにする。

平面とパーティクルのレンダリング設定

物理演算タブに移動して、火を吐きたいのでフロータイプを火炎か火炎+煙にし、フローソースをパーティクルシステムにパーティクルシステムをPaticleSettingsにすることでパーティクルからエフェクトが発生するようになります。

物理演算タブの設定

blender 2.8 炎のマテリアル設定

今のままだとレンダリングしても炎になりません。

その理由は炎のマテリアルが設定されていなから。。。

マテリアルの設定は先ほど追加された四角い領域に対して行います。

まず、四角の領域を選択して、Shadingタブでノード編集に移動すると、こんな感じでノードが追加されているかと思います。

煙のノード

これは煙のノードらしいのですが炎は何故かありません。

なので、↓のように炎のノードを新たに追加します。

炎のマテリアルノード追加

ちなみに属性の名前はflameにしないと炎になりません。

マテリアルの設定が終われば、一応これで炎が表示されるかと思います。

まとめ

あまり、細かい設定はワタシ自身分かっていなかったりするので必要最低限のことしか書きませんでした。

まぁ、平面や領域を選択して、パーティクルタブ、物理演算タブ内の設定をイジって、レンダリング結果と照らし合わせながら、探っていってみてください。

不親切な感じ
ganmin
だって、よく分かんないんだモン…。

ではでは。

ファイヤーと叫ぶ熊の着ぐるみを着たおじさん



スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事よかったら、SNSでシェアしてね!!

ABOUTこの記事をかいた人

ただの熊の着ぐるみを着たおじさん。 主に3DCG(ZbrushやBlender)のことだったり、イラストについてブログに書いていきます。 他にもゲームやマンガ、生き方、人生、地元のこと等々、雑記的に書いていきます。 ツイッター、インスタなんかにもマンガやイラスト投稿してます。 よかったら、見てください! 現在、ゲームを作りたいと思っており、unity勉強中! アニメーションやマンガもその内、ちゃんとした形にしたいと思ってます!