blender 2.8でシェイプキーを使って表情を付けてみた

悲しんでる熊の着ぐるみを着たおじさん

日頃、ブログなんかで自分のアバターとして使ってるこのウザい熊の着ぐるみを着たおじさん↓

熊の着ぐるみを着たおじさん

このモデルは以前にも記事で書いたけどzbrushで適当に自動リトポしたモデルです。

Zbrushの自動リトポ機能Zリメッシャーの使い方

2018.10.10

それを3d-coatでテクスチャ作ってblender 2.8に持ってきたヤツなんです。

表情なんて元々付けるつもりなかったんだけど、やっぱり無表情というのは寂しい。。。

適当なポリゴンの流れなんで、表情つけるの難しいかなぁと思ってたんだけどblenderのシェイプキーを使ったら、無理矢理何とか付けられるかなと思い試してみた。

スポンサーリンク

blender 2.8でシェイプキーを使って簡単に表情つくる方法

まず表情をつけたいモデルを選択して

blender 2.8のシェイプキー

シェイプキーの+を二回クリック。

そうするとBasisとKey 1というのが出てくるのでKey 1のテキストのところをダブルクリックして分かりやすいように名前を変えておく。

blender 2.8のシェイプキー

値は1にしておく。

そして、スカルプトモードに入ってブラシで表情を付けていく。(使ったブラシはGrabがほとんどで、後はShift押しながらドラッグでスムーズで調整、時折、ほっぺたなんかをInflateブラシ等でふくらましたりした)

一応、こんな感じにできました↓

熊の着ぐるみを着たおじさんの悲しんでる顔

値を変えてやれば表情が変化するハズだよ。

シェイプキーにキーフレームを打ってアニメーションさせてみた

さっきの要領でいくつかの表情を作ってアニメーションさせてみた。

やり方は簡単で変化させたいフレームを選択して値のところを右クリックでキーフレームを打つか、

blender 2.8のシェイプキー

もしくは、シェイプキーエディターでキーを打っていく。

blender 2.8のシェイプキーエディター

色々な表情があると変にキーフレームを打つと表情が混ざりあってグシャグシャになるので、表情が変わる直前で値0にしてキーフレーム打ったりして工夫した。

できたのがこんな感じ↓

立方体から簡単な歯を作って追加↓

歯のオブジェクトは単純に表情に合わせて移動させてキーフレームを打ってるだけ。

喋ってる風↓

偽物詐欺師風↓

まとめ

表情をボーンで付けたりするよりは簡単にサクッと作れる感じだし、結構強引に頂点引っ張ってもそれなりの表情を作ることができるので初心者には今回のやり方はおすすめです。

ganmin
おすすめだぞ!!



スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事よかったら、SNSでシェアしてね!!

ABOUTこの記事をかいた人

ただの熊の着ぐるみを着たおじさん。 主に3DCG(ZbrushやBlender)のことだったり、イラストについてブログに書いていきます。 他にもゲームやマンガ、生き方、人生、地元のこと等々、雑記的に書いていきます。 ツイッター、インスタなんかにもマンガやイラスト投稿してます。 よかったら、見てください! 現在、ゲームを作りたいと思っており、unity勉強中! アニメーションやマンガもその内、ちゃんとした形にしたいと思ってます!