政府が推し進める「年齢70歳」まで死ぬまで働け政策

杖をついた老人のイラスト

政府が年齢70歳まで働けるように企業に努力目標を掲げて、高齢者の採用に積極的な企業を支援するそうです。

ひどいですねぇ。

こわいですねぇ…。

死ぬまで働けということです。

来年以降に向けて、着々と環境整備を行っているようです。

ご苦労様です。

スポンサーリンク

なぜ年齢70歳まで引き上げるのか

これは人手不足とか、年金支給を遅らせたいとか…。

誰でも思いつきますね(笑)

今後は、働きたくないが働かなくては生きていけない人は希望して働くようになるでしょう。

僕らが同じような年齢になる頃にはもっと引き上げられるはず。

まさしく、一生社畜。

本当に未来永劫死ぬまで働くということです。

なんでこんなことになってしまったんでしょう。

もう、本当に夢も希望もない理想郷とは程遠い、ディストピアの世界です。

年齢70歳まで引き上げたら若者はどうなる

僕はおじさんですが、若者の気持ちから言わせてもらえば、普通のサラリーマンなら、やはり、せいぜい65歳で引退してほしい。

でも若者も70歳まで働くなんてイヤでしょうから、今後、若者もどこかに雇われて生きるという選択はどんどん取らなくなってくるでしょう。

個人で生き抜く力が必要な時代ですね。

人手不足なんていっている企業はつぶれていくことでしょう。

(決めつけはいかんぞ。)

今すぐにロボットやAIでなんでもできるようになれば別でしょうが…。

年齢70歳まで働きたい人はいるのか

多くの人は働きたくないでしょう。

でも生活の為、家族の為、働かなくてはいけない。

嫌な仕事を一生続けてきてゴールが見えそうだったのに引き延ばされたら、本当に自分の人生なんだったの…と言いたくなります。

日本の若者(特に男性)にはメチャ厳しい大人達

働ける年齢を70歳まで引き上げる理由の一つに人手不足というものがありますが未だに職にあぶれている人達もたくさんいます。

そういう人達を雇わないのはなぜでしょう。

僕は偏見もあると思います。

どうせ、こいつら使えねえしすぐやめるんだろうみたいな…。

(お前も決めつけはいかんぞ。)

自分達もヤバくなっているに若者にはメッチャきびしいのです。

そういった人手不足のことだけに関していえば、今の大人達の自業自得かもしれません。

(だから、お前も決めつけはいかんぞ。)

 

僕ら若者は(おじさんだが僕も)、もうそういった古い価値観からは脱し、これからは個人の力を大切にしていきます。

それぞれが独立していても時には助け合い、時には励まし合いそんな未来が作れたらいいです。

(はいはい、作れればいいね。)


親が70歳を過ぎたら読む本



スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事よかったら、SNSでシェアしてね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

室蘭在住のブロガー。30代後半で無職になってしまったんで会社に属さずに生きていく方法はないかと模索中。同じような悩みを持った方達と情報を共有できたらと思い、当ブログ(室蘭在住ganminのブログ)をはじめました。