何もしたくない時 寝ていたいと思う原因と対策

無気力な男

以前の僕は何もしたくない、何をやってもうまくいかない。人生疲れた。

僕って何でこうなんだろ。

ショボーン…。

こんな感じでした。

そこで、今回はそんな何もしたくない状態に陥った時どうすればいいのかみなさんと共有していきます。

(出たっ!共有。カッコつけんなよ。)

スポンサーリンク

何もしたくないと思った時僕はずっと寝ていたいと思った

そもそも何故、何もしたくないと思うのでしょう。

これは、人それぞれ理由があるでしょう。

  • 忙しすぎて疲れた
  • 努力が報われない
  • 自信喪失
  • 人間関係の問題
  • お金の問題

その結果、

現実逃避。

僕も就職がうまくいかず転職を繰り返した結果、すっかり自信を失って寝てばかりいました。

どうせ、何をやっても…。

(まぁ、そんなに落ち込むなや。)

寝ていれば死んでいるのと一緒の何もしたくない病

寝ていれば嫌なことや不安なことは考えずにすみます。

だから、寝ます。

しかし、これでは問題は解決しません。

結果、ますます不安になってどうしていいか分からなくなります。

そして、また寝る。

永遠に続くループ…。

時間が経てば経つほど状況は悪くなりますよね。

どうすればこの状況から抜け出すことができるでしょう…。

(知らんがな…。)

何もしたくない怠け心を打ち消す方法

僕なりの何もしたくない時の対処法をご紹介します。

(ほう…。)

寝ている時間を自分の好きなことをする時間に置き換えてみる

自分が好きなことは時間が忘れるほど夢中になれますよね。寝る時間は強制的になくなります。

寝ることで現実逃避するのではなく、一生懸命、好きなことで現実逃避する。

人間、嫌なことはやりたくありませんよね。嫌なことは何をやっても続かないし、身になりません。

反対に好きなことは他人から見ればすごく努力しているように見えることでも本人にしてみれば大して苦じゃありません。

なにしろ、好きなことですから。

そんなこと言っても好きなことすらする気が起きない!

と言われるでしょう。僕もそうでした。

やろうと思っても、将来に対する不安であったり、悩みが湧いてきてなかなか手につきません。

しかし、そもそも不安とか悩みのほとんどはまだ現実に起きていないことだし、過去に起こった嫌なことです。

そんなものに勝手に恐れおののいて翻弄されているなんてバカバカしいと思わないでしょうか。

(長いわりにたいしたこと言ってないね。)

もし、どうしても負の感情が湧いてくる時は瞑想(マインドフルネス)をやるのがおすすめ

自分の呼吸に意識を集中するだけの簡単な瞑想でも効果があります。

普通に座ってリラックスした状態で自分の呼吸だけに意識を集中して、雑念が湧いてきたら、また呼吸に意識をもどすというものです。

ジョブズも瞑想していたし、googleなんかでも取り入れらています。

最近は、マインドフルネスなんて言葉で色々なやり方が書いた書籍もたくさん出ているのでよかったらいかがでしょうか。


マインドフルネス認知療法ワークブック: うつと感情的苦痛から自由になる8週間プログラム


~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門


1日10秒マインドフルネス


マインドフルネスの教科書 この1冊ですべてがわかる! (スピリチュアルの教科書シリーズ)

気分がスッキリしたら後は好きなものをやる。

ただそれだけ。

僕はこの方法で抜け出せました。

みなさんもぜひ、試してみてください!

(まぁた、勧めちゃってるよ、この人。)



スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事よかったら、SNSでシェアしてね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

室蘭在住のブロガー。30代後半で無職になってしまったんで会社に属さずに生きていく方法はないかと模索中。同じような悩みを持った方達と情報を共有できたらと思い、当ブログ(室蘭在住ganminのブログ)をはじめました。