絵師におすすめ 美術解剖図が載った書籍 3選!!

うんこの着ぐるみを着たおじさん

みんな人物とかの絵を描く時ってなんも見ずに描くとへんてこになっちゃうよね。

だから、

今回は絵を描く人や3Dモデリングなんかをする人におすすめの美術解剖図が載った本の紹介をするよ!!

スポンサーリンク

J.シェパードさんのやさしい美術解剖図

まずは、コレ。

マール社から出てる、J.シェパードさんの「やさしい美術解剖図」。

筋肉や骨の構造が詳しく書かれているよ。

かなり古くからある本で、ながらく、この本は絵師の間では定番の本だったんだよね。

少し、筋肉の描き方とかがゴツゴツしていてクセがあるけど、持っていて損はないよ。

アーティストのための美術解剖学

これもマール社から出てる、ヴァレリー・L・ウィンスロゥさんの「アーティストのための美術解剖学」。

2013年に出た本で割と新しい本だよ。

「やさしい美術解剖図」よりも絵のクセがなく、筋肉や骨の構造、どういう風に動くか等、かなり詳しく書いてある。

文字の情報量も結構なボリューム。

理屈で考えたい人におすすめ。

 

新しいヤツで動きに特化した本もあるよ。

スカルプターのための美術解剖学

ボーンデジタルから出てる、キックスターター発のアルディス・ザリンス、サンディス・コンドラッツさんによる「スカルプターのための美術解剖学」。

文字は少なめ、そのかわり、かなりの量の絵と写真を使って分かりやすく解説してくれてるよ。

今、現在出てる本の中では一番のおすすめ!!

値段は少し、高いけどね。

キンドル版も出てるよ。

 

第二弾という形で顔に特化したやつもある。

顔のことだけで215ページもあるよ。

これも、文字は少なめで、できるだけ分かりやすいように書かれてる。

キンドル版は今のところ出てないようだね。

まとめ

今回、挙げた書籍を持っておけば、美術解剖図の本は他にはいらないと思う。

(躍動感のある絵を描きたいとか、そういった話になると他の本も必要になってくるかもね)

特に「スカルプターのための美術解剖学」はすべてのクリエイターが持っておくべき本なので、少し、値段はお高いけど、頑張って買おうね。

 

追記

他にいらないとか言っちゃったけど、11月29日にソッカの美術解剖学ノートというモノが出る。

ソク・ジョンヒョンという方の本で描き方も手順を追って説明されていて、9年の歳月を持って書き上げたらしく656ページもあり、コラムも充実している。

これは新たなデファクトスタンダードになりそうだ。



スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事よかったら、SNSでシェアしてね!!

ABOUTこの記事をかいた人

ただの熊の着ぐるみを着たおじさん。 主に3DCG(ZbrushやBlender)のことだったり、イラストについてブログに書いていきます。 他にもゲームやマンガ、生き方、人生、地元のこと等々、雑記的に書いていきます。 ツイッター、インスタなんかにもマンガやイラスト投稿してます。 よかったら、見てください! 現在、ゲームを作りたいと思っており、unity勉強中! アニメーションやマンガもその内、ちゃんとした形にしたいと思ってます!