地方の若者流出を止める対策を考えてみる

中尾彬の真似をしたおじさん

地方って若い人が少ないよね。

どこを歩いてもジジ、ババ、中年ばかり。

(別にジジ、ババ否定してるわけじゃないよ。お年寄りを敬う心はあります。)

たまに若い人も見かけるが。。。

僕が住んでる北海道の室蘭というところでも年々、人口は減ってきてるんです。

どうしたら、活気のある街にすることができるんだろう。

今回はそういう話。

スポンサーリンク

東京など大都市にいかなくてもいいように若い人にも魅力のある仕事を増やしていかなければならない

そもそも若い人にも魅力的な仕事ってなんだろう。

ひとくくりにはできないけどだいだいみんなIT系とかゲーム会社、

デザインとかファッションとかそういう関係のクリエイティブな仕事がしたいんじゃないだろうか。

地方にもそういう会社がないわけじゃないけど

 

少ない!

 

特に北海道は。

 

工場とかで働く仕事がクリエイティブじゃないというわけじゃないけどやっぱり、働くとなると考える。

もちろん、技術を極めて職人的な仕事をしているかたもたくさんいるだろうけど、多くの人は会社の歯車になって仕事をこなすだけ。

 

これでは魅力あんまりないよね。

 

まぁ、そういう方達がいるおかげで社会がなりたっているんだけど。。。

でも若い人たちは絶対、そうなりたくないと思っているはず。

 

じゃあ、どうすればいいんだろう。

 

やっぱり、そういう今までになかったような仕事をする会社なり、個人の数を地方でも増やしいかなければならない。

数が増えればコミュニティができ、リアルでも交流が増えてノウハウが確立されるはず。

 

大分前から、ノマドワーカーなんて言葉もできて世界中どこにいてもパソコン一つで仕事ができるなんて言われているがどうもそうならない。

やっぱり、リアルの人と人との交流が大事なのだろう、特に日本人は。

(実際、会ったところで信用できるかどうかなんてワカンナイだけど。。。でも僕も日本人なんで顔が見えない相手と話すよりは確かに実際会って話をするほうがいい)

 

そうなってくると絶対数が増えないことにはどうにもならん。

絶対数を増やすには誰かが結果を出していかなければならない。

誰かが結果を出せば、僕も私もと増えてくるはずだよね。

魅力的な仕事が地方になくても自分で稼いで生きていく方法が確立できれば若い人の地方流出は防げるはず

仮に地方に魅力的な仕事が全然なくても、自分でブログの広告収入なり、特技なんかで食っていくことができれば都会に出る必要もないはず。

誰かが先陣を切ってやるほかないんじゃないだろうか。

 

そして、結果を出す。

 

このクソブログがそうなればいいと思ってるんだよね。

 

最近、ツイッターとかもやって室蘭の人を探すがあんまり積極的にやっている人はいない感じ。

(お前みたいにみんなヒマじゃねぇんだよと言われそう。。。)

ツイッターをやってて思うが顔が見えない赤の他人と交流するのは消耗する感じがする。

そういう意味でも地元の仲間を増やしていきたいと思ってる。

まとめ

このブログで少しでも多く収益を上げて結果を出していかなければならない。

方法は広告でもなんでもいいから。

月10万くらい稼げれば結構、いい感じだろう。

(これくらい稼げれば、どうだ、すごいだろと言って周りを見返すことができるだろう)

とにかく、まぁ記事を多く書くことだよね。

今回はこれでおわり。

読んでくれてありがとさん。



スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事よかったら、SNSでシェアしてね!!

ABOUTこの記事をかいた人

ただの熊の着ぐるみを着たおじさん。 主に3DCG(ZbrushやBlender)のことだったり、イラストについてブログに書いていきます。 他にもゲームやマンガ、生き方、人生、地元のこと等々、雑記的に書いていきます。 ツイッター、インスタなんかにもマンガやイラスト投稿してます。 よかったら、見てください! 現在、ゲームを作りたいと思っており、unity勉強中! アニメーションやマンガもその内、ちゃんとした形にしたいと思ってます!