輪郭を描くだけで雲が生成されるKumoWorksを試してみた

kumo worksを試してみた


スポンサーリンク

どうも、熊の着ぐるみを着たおじさんganmin(@muro_ganmin)です。

kumo worksを試してみました
Open Toonzとは
2Dアニメーションのソフトで今は色々あって、ドワンゴのサイトからオープンソースのソフトウェアとして誰でも無料でダウンロードできるようになっています。

Open Toonzプロジェクトのサイト

↑からKumoWorksもダウンロードできます。

スポンサーリンク

KumoWorksの使い方

KumoWorksは単純なソフトでワタシがここで使い方を説明するまでもないくらい直感的に誰でも使えると思いますが、一応…。

KumoWorks日本語化の仕方

インストールして起動した直後は英語になっているかと思いますので、左上にあるFileのLanguageから日本語を選んでKumoWorksを再起動すれば日本語になります。

kumo worksのLanguageの場所

KumoWorksの簡単な使い方の説明

起動したら、画面に雲の輪郭を描いて、Enterキーを押す。

雲を描く熊の着ぐるみを着たおじさん

すると、

これだけで雲が生成されると言う熊の着ぐるみを着たおじさん

気に入らなければ、

kumo worksの空の設定

や、

kumo worksの雲の設定

を変えて、

もう一度Enterキーを押せば設定が反映されます。

新しい雲に満足する熊の着ぐるみを着たおじさん

左下にあるプリセットを使えば、イチから自分で設定しなくても済むので楽かもしれません。

kumo worksのプリセットの場所

新たな雲を別個のオブジェクトとして作りたい場合は雲レイヤーの作成を押して、輪郭を描けば違う雲が描けます。

kumo worksのレイヤー

気に入らない雲があれば、雲レイヤーの削除ボタンでレイヤーごと削除できます。

気に入らない熊の着ぐるみを着たおじさん

輪郭を描きなおしたりしたい場合は、モードを描画モードに戻せば、輪郭を描き足せます。

kumo worksの描画ボタン

Ctrlを押しながら描けば消しゴムツールになって輪郭も消すことができる。

雲を消す熊の着ぐるみを着たおじさん

作った雲を画像として書き出したい時は左上の赤いマルのところで書き出せます。

書き出しの設定の説明

雲に特化していて操作が簡単で気軽に雲の素材が作れるKumoWorks

とりあえず、png画像で雲だけ書き出せるんで、blenderへ持っていってドット絵調にしてみたりして遊んでみました。

ドット絵調の雲
blenderでドット絵風に変換

続 blender 2.8で作った3Dモデルをドット絵風変換(色、輪郭調整)

2019年2月19日
blenderでドット絵風に変換

blender 2.8コンポジットノードを使って画像をドット絵風にしてみた

2019年2月19日

機能もそんなに多くなく使いやすいので、ゲームやアニーメーション、漫画等で雲の素材が欲しい方は試してみる価値はあるんではないだろうか。

あばよと言う熊の着ぐるみを着たおじさん



スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事よかったら、SNSでシェアしてね!!

ABOUTこの記事をかいた人

ただの熊の着ぐるみを着たおじさん。 主に3DCG(ZbrushやBlender)のことだったり、イラストについてブログに書いていきます。 他にもゲームやマンガ、生き方、人生、地元のこと等々、雑記的に書いていきます。 ツイッター、インスタなんかにもマンガやイラスト投稿してます。 よかったら、見てください! blenderやunity勉強中!と、いいつつ、最近はUE4も!たまに曲作りも!