zbrush 2019.1のアップデートがきた

zbrush2019.1のアップデート


スポンサーリンク

どうも、熊の着ぐるみを着たおじさんganmin(@muro_ganmin)です。

最近、3Dスカルプトソフトzbrushで2019から2019.1へのアップデートがきました。

キター きたぁー zbrush2019.1の話

スポンサーリンク

zbrush 2019.1のアップデートで新しいPhotoshopでもGoZが使えるように

今回のアップデートでスクリーンセーバーの追加や、

秒数指定ができる

他のサブツールを画面を分割して表示できる機能(トランスフォームに画面分割のスライダーがある…。)、

画面を分割できる

等、

他にも色々と機能が追加されたのですが、ワタシが嬉しかったのはzbrushのプラグインGoZでのPhotoshopと連携する時の不具合の修正。

喜ぶ熊の着ぐるみを着たおじさん

GoZとはzbrushとPhotoshopや3DCGソフトをワンクリックで行ったり来たりできる機能なのですが、

行きつ戻りつ…。

確かPhotoshop2018くらいから、使おうとしてもPhotoshopのレイヤー名がおかしくなってて、Zbrushに持っていけなくなっていました。

zbrushに持っていけない

特に最近はアドビの方で古いバージョンのPhotoshopを使うことは禁止するようになっていたのでワタクシ困っていました。

落ち込んだ熊の着ぐるみを着たおじさん

しかし、2019.1ではその不具合も解消されて使うことができるように。。。

フォトショでも3D.ペイントができるようになった

まぁ、今はSubstance Painter等の良いソフトがあって需要ないのかもしれませんが、ワタシ、持っていないもので。。。

遠くを見ている熊の着ぐるみを着たおじさん
ganmin
Substance Painterもアドビになっちゃったみたいですね…。

尚、アップグレードの仕方はZbrush2019がインストールされているフォルダの中にあるZUpgraderを実行すればいいだけです。

ワタシの環境ではZbrush2018以下がインストールされたままで、最初、ちょっとGoZがうまく使えなかったが、2018以下をアンインストしたら使えました。

溜息をつく熊の着ぐるみを着たおじさん

GoZの使い方(zbrushとphotoshop編)

とりあえず、GoZの使い方。。。

あらかじめ、環境設定の中にあるGoZという項目でPhotoshopへのパスを指定しておきます。

Photoshopファイルのパス指定

後、テクスチャがあるモデルでないとPhotoshopへは持っていけません。

ポリペイントはダメ

他のソフトのパスも指定した場合はRというボタンで連携するソフトを選べます。

連携するソフトを選ぶ

持っていきたい時はGoZを押すだけ。。。

GoZボタンを押す

Photoshopにいってテキトーにオブジェクトを回転しながらヌリヌリ、

Photoshopでペイント

塗り終わったら、ファイルメニューの自動処理、GoZPlugIn…というところをクリックすればzbrushに持って行けます。

zbrushに戻す zbrushに持って行けました

ついでにblender 2.8とzbrushをGoZで連携する方法

デフォルトのGoZではblenderと連携することはできないのですが、blenderのアドオンを使えば最新のblender2.8でもGoZが使えます。

アドオンは↓のサイトでダウンロード

https://github.com/JoseConseco/GoB

右側にある緑のボタンClone or downloadというところから、Download ZIPをクリックしてダウンロードできます。

ダウンロードしたZIPファイルの中にあるBlenderというフォルダをコピーして、PC→ローカルディスク(C:)→ユーザー→パブリック→Pixologic→GoZAppsの中に貼り付け。

Blenderフォルダを貼り付け

blenderの設定でアドオンを選び、インストールというところを選び、ファイルを指定します。

zipのまま指定

追加されたアドオンをチェックしときます。

GoBのアドオンにチェック

これでblender2.8の画面上の方にエクスポートとImportというボタンが追加される。

ボタンが追加される

後はzbrushの方のGoZの設定でblender2.8の.exeファイルを指定してやります。

blender2.8のパス指定

これで連携できる。

尚、zbrushからblenderに持っていく時はblenderを起動していないと駄目っぽい。

だめぽ

それとblender側のImportというボタンを押してないとZbrushでGoZボタンを押しても持っていけないです。

Importボタンを後から押しても持っていけた

なのでblenderは起動しておくことにする。

そして、zbrush側で持っていきたいサブツールを選択した状態でGoZボタンを押せば持って行けます。

GoZボタンを押す

持ってけた!↓

blenderに持って行けました

サブツール全部持っていきたい時は「全て」、表示しているのを持っていきたい時は「表示のみ」を押すといいでしょう。↓

全てと表示のみボタン
補足

GoZ設定で複数のソフトのパスを通している場合はあらかじめRのボタンで連携したいソフトを選んでおくといいかと。。。

Rボタンで連携させたいソフトを指定

blenderからzbrushに持っていきたい場合はエクスポートを押すだけです。

押せばzbrushも立ち上がります

まとめ

少し、blenderの話で脱線してしまったが、新しいZbrush2019.1では他にも色々な機能の追加、不具合修正されているようなので、アップデートはお早めに。。。

お早めに 誰!



スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事よかったら、SNSでシェアしてね!!

ABOUTこの記事をかいた人

ただの熊の着ぐるみを着たおじさん。 主に3DCG(ZbrushやBlender)のことだったり、イラストについてブログに書いていきます。 他にもゲームやマンガ、生き方、人生、地元のこと等々、雑記的に書いていきます。 ツイッター、インスタなんかにもマンガやイラスト投稿してます。 よかったら、見てください! blenderやunity勉強中!と、いいつつ、最近はUE4も!たまに曲作りも!