Zbrushの自動リトポ機能Zリメッシャーの使い方

zbrushでリトポした画像

今回は3DスカルプトソフトZbrushのリトポ機能(面を貼り直す機能)、Zリメッシャーの使い方を忘れないように(自分の為)備忘録的に書いていくよ。

Zbrushとは

Pixologicという会社が出してる粘土をこねるようにモデリングできる、3DCGソフト。

僕も10年くらい前に買ったけどずっと無料でアップデートしてくれている太っ腹な会社。

最近は日本語表示にも対応。

(今まで使っていた人は日本語にしたら逆に使いづらいかもしれない。。。)

安いバージョンのZbruh coreというのもあるよ。

気になった人は同じPixologicから出てる似たようなソフトで無料で使えるSculptrisというのがあるから使ってみるといいよ。

 

スポンサーリンク

Zbrushの自動で面を貼り直す機能Zリメッシャー(zremesher)の使い方(自動リトポしてローポリ化する方法)

Zリメッシャーでリトポ(面を貼り直す)する理由

ダイナッメッシュとかで作ったモデルはそのままでは使いにくいのでポリゴン数を減らしてスカルプトしやすくしたり、適切なポリゴンの流れにして他の統合ソフトとかでアニメーションさせるためとかが理由。

具体的な手順

まず、リトポするモデルをサブツール→複製を押してコピーしておく。

zbrushの複製ボタン

サブディビジョンレベルがあればジオメトリから下位レベル削除を押して削除する。

zbrushの下位レベル削除ボタン

左右対称にしたい時はトランスフォームからシンメトリ有効。

zbrushのシンメトリ有効ボタン

後はZリメッシャーのボタンを押すだけ。

zbrushのzリメッシャーボタン

Zリメッシャー(zremesher)を使う前に大体のポリゴン数を指定しておく

ポリゴン数を指定したいときは目標ポリゴン数を入力するか、スライダーで調整。

(表示上1が1000ポリゴンという意味だよ。目標ということなんで1と入力してもきっかり1000ポリゴンになるわけではない。あくまでそれに近い値。)

zbrushの目標ポリゴン数スライダー

その下の半分、同一、倍のボタンは言葉通り、元のモデルのポリゴン数を基準に半分なら半分のポリゴン数になる。

zbrush zリメッシャーの設定ボタン

Zリメッシャー(zremesher)を使う前に手動でガイドを描いておく

Zリメッシャーは何もしなくても自動で結構いいかんじのポリゴンの流れで面を貼り直してくれるけど自分で流れを指定したい時はZリメッシャーを適用する前にブラシからZRemesherGuideを選んでモデルに直接流れを描いておく。

zbrushのzremesherguideブラシ zbrushでポリゴンの流れを指定した画像

Zリメッシャー(zremesher)を使う前にポリペイントで密度の調整を指定しておく

部分的にポリゴンの密度を細かくしたりするのはPペイント使用のボタンを押してカラー密度のスライダーを押せば細かいほどカラーが赤くなるよ。その逆は青っぽい色に。

zbrushのpペイント使用ボタン zbrushでカラーを赤くした画像

 

zbrushのpペイント使用ボタン zbrushでカラーを青く指定した画像

モデル全部に色が塗らさってしまう場合はカラーを白にしてメニューの中からカラー→fillobjectを押せば色が固定される。

zbrushのfillobjectボタン

後は細かくしたい場所をStandardブラシでZaddボタンを切って、RGBだけ有効。

zbrushのzadd、rgbボタン

赤く塗っておけばOK。

zbrushで赤くポリペイントしている画像

逆にポリゴン数を少なくしたい場所はカラー密度のスライダーを調整したら青っぽくなるのでその色で塗ってやる。

zbrushで青くポリペイントしている画像

そしてZリメッシャー。

zbrushのzリメッシャーボタン

出来たのがこんな感じ。

zbrushでリトポした画像

ちょっと真ん中が変な感じ。

気に入らなかったら何回もやりなおしてね。

ディティールが再現されてないから次の章で元のディティールを投影していくよ。

Zリメッシャー(zremesher)を使って自動リトポしたモデルに元のディテールを投影する方法

まず、リトポしたモデルをジオメトリからディバイドを何回かしておく。

zbrushのディバイドボタン

とりあえず、低いサブディビジョンレベルに戻す。

zbrushのsubdivスライダー

その状態で必要のない物は目のアイコンを押して表示されないようにしておく。

(リトポしたモデルを選択しておく。)

zbrushのサブーツール内

そしてサブツールの中の投影から全て投影を押せばOK。

zbrushの全て投影ボタン

まだサブディビジョンレベル1でしか投影できてないからそれぞれのサブディビジョンレベルに低い順から投影していってね。

全部投影したら完成!

zbrushでzリメッシャーを使ってリトポした画像

ディテールが投影されました。

(サブディピジョンレベルが高いと結構、計算に時間かかるかも。今回は時間かかりすぎるので一番高いレベルには投影しなかった。)

Zbrushの自動リトポ機能zリメッシャー(zremesher)のまとめ

他にも色々、調整する項目があったりするけど、取り立てて自分が使っているのものはこんなところ。

今回はしばらく使わないと忘れてしまう自分の為の備忘録でした。

間違ってるとこもあるかもしれないけど勘弁してね。

じゃんじゃん。

 

2018 最新のおすすめZbrush書籍、本

初心者にも安心の新しいZbrush解説書が出るみたい。

これは買わなければ。



スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事よかったら、SNSでシェアしてね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

室蘭在住のブロガー。30代後半で無職になってしまったんで会社に属さずに生きていく方法はないかと模索中。同じような悩みを持った方達と情報を共有できたらと思い、当ブログ(室蘭在住ganminのブログ)をはじめました。